猪谷工務店社長のブログ・楽しい家づくり~ここまでやるから楽しいんです!
<   2014年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
大徳寺横梅院茶室一枝庵

興味のない人は面白くもなんともない話ですが、興味ある我々はこんな話が面白いと言います。

と言うことで、「面白い話を一席」

一枝庵の床柱は扁額の名前の通り、一本の木の、一枝が曲がって落とし掛けを兼ねています。
上手く手に入ったものですねと聞くと棟梁は「ご縁ですね」と言われてました。私のようなものでも解る気がします。
探しても無い時は無い、縁があれば材料が向こうから、ひょっこりやってきます。

材は北山の桧の磨き丸太節あり、
誰かが北山なら杉でしょうと言ってましたがこの節は檜です。やっぱり檜でした。
残念ながら相手柱は迂闊にも見定めてません。

床の間は狭いので室床にされたそうです。
なるほど!

床前天井は広ソギ板の煤竹押え、床の間地板は銀杏、半板、向板が桑の木で前棚は桐のハマグリと言うことです。
図面の寸法は尺で表されてます。
写真は全て見学会の資料から

朝から面白くない話で失礼しました。

f0052181_23521533.jpg




f0052181_21231463.jpg
家造り情報の記事が満載 猪谷工務店のHPはこちらから是非立ち寄りください。
http://www.inokou.com/index.html




本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-30 08:58 | 本物探訪
大徳寺黄梅院茶室
f0052181_23521533.jpg

一枝庵の床の間の柱

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-29 23:52 | 現場進捗状況
-
f0052181_21262075.jpg


本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-29 21:26 | 現場進捗状況
Fw:報徳の教え2
【今日の言葉】

朝夕に善を思っていても、
その善事を実行しなければ、
善人とはいえない
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
二宮尊徳(農政家)
※月刊誌『致知』2008年6月号

 * * *
■ 以下のアドレスから直接メルマガの登録ができます
  ぜひお知り合いの方におススメください!
⇒ https://fofa.jp/chichi/a.p/133/

 * * *
□ アドレス変更、配信停止はこちら
https://chichi.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=chichi2&c=18&n=8434

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-29 07:23 | 現場進捗状況
久田家半床庵と大徳寺塔頭黄梅院茶室の見学
土日で京都伝統建築技術協会の見学会に参加してきました。
写真の撮影は禁止されていますのでパンフレットの写真からです。
写真は
Facebookでご覧ください。
yuuzou.inotani@facebook.com
アドレスです。

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-27 21:21 | 本物探訪
Fw:幸せの法則
【今日の言葉】

大事な話や受けた恩に感謝して
それを生涯持ち続けるような人は
必ず幸せになる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
山田祐也(ユー花園社長)
※月刊誌『致知』2008年6月号

 * * *
■月刊『致知』定期購読のお申込みはこちらから

【携帯電話専用フォーム】
https://fofa.jp/chichi/a.p/163/

【その他スマートフォンなど】
https://online.chichi.co.jp/products/detail.php?product_id=1530

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら




 * * *
□ アドレス変更、配信停止はこちら
https://chichi.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=chichi2&c=18&n=8434
[PR]
by inokou1 | 2014-04-25 07:22 | 現場進捗状況
土地選びのポイント
  • 古い地図からも地盤の「素性」がわかる

     地盤の「素性」を知るもうひとつの方法は、古い地図を見ることです。
    図書館で何十年も前の地図を探してください。
    そうすればその物件が建っている地盤が、もとはどんな土地だったのかがわかります。
    その他、国土地理院発行の「土地条件図」で低地、盛土などの情報が得られます。
    また東京都、神奈川県、埼玉県では震災時に被害が予想される液状化地帯を示した地図を発行しています。
    一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

     この他、地名からも軟弱地盤を推測することができます。
    その町全体がというわけではありませんが、水に関係のある地名には要注意です。

     

  • きちんとした宅地造成がなされているか

     前項で低地の基礎は危ないということについて述べました。
    では高台なら大丈夫なのでしょうか?これがどうやら安心できないのです。
    というのは、最近では丘陵地の斜面を宅地化するケースが多いのですが、この際の造成が問題なのです。

     斜面にそのまま家を建てることはできないので、宅地造成する際には段階状に平地化していきます。
    いわゆる「ひな壇造成」です。この場合、斜面の一部を切り崩し(切土)、
    一部のその土を盛って(盛土)、平らにします。そしてコンクリートで擁壁を造り、
    土が流れないように受け止めます。
    いくら高いところにあったも盛土部分は切土に比べれば弱くなりがちです。

     ましてきちんと突き固めてなかったり、瓦礫やゴミが埋まっていたりすれば、
    固い地盤は期待できません。そこで、地盤を判断する目安として、
    傾斜地では「切土」「盛土」の区別を確認します。
    次回は擁壁についてお話します。
    分譲住宅の現地にある販売事務所で宅地開発をしたときの図面を見せてもらって説明を聞くのがよいでしょう。
    実際にはひとつの敷地に切土と盛土部分が混在しているケースが多いと思います。



[PR]
by inokou1 | 2014-04-24 21:09 | 家づくりの大事な事前準備10ヵ条
Fw:4つの戒め
【今日の言葉】

一に勤行
二に掃除
三に追従<人が喜ぶことをする>
四に阿呆<素直になる>
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
塩沼亮潤(慈眼寺住職)
※月刊誌『致知』2014年5月号【最新号】より転送した資料です。



 * * *

 * * *
□ アドレス変更、配信停止はこちら
https://chichi.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=chichi2&c=18&n=8434

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-24 11:25 | 現場進捗状況
-
f0052181_1812079.jpg

筑紫紅の花が今満開ですF9A4.gif

本物の自然素材を使った家づくり 猪谷工務店のページはこちら
[PR]
by inokou1 | 2014-04-22 18:12 | 現場進捗状況
家造り事前準備土地探し編

ここでは、建築側から見た土地を判断するチェックポイントをお話しします。】

 

  • 土地の状態により大きな差が生じる別途工事

     一般的に「屋外給排水工事費」は購入した土地の状態によって大きな差が出ます。例えば、道路との位置関係によって給排水引き込み距離が異なるため、費用に大きな差が出てきます。既に敷地内に引き込まれている場合、水道管が今の生活に不便な13ミリ管なら、20~25ミリ管に入れ替えるといった工事が必要となるケースもあります。

     また、隣地や道路との高低差がある場合には擁壁設置や造成の必要も出てきます。

     

  • 地盤チェック。軟弱地盤では建物を支えられない。

    入念に広告をチェックしたあなたは、これはと目をつけた物件を見るために現地へと足を運びます。そこでは当然、自分が買おうとしている物件や周囲の環境に目がいくでしょう。それらをしっかり見極めることはもちろん大切です。でも、その前に知っておきたいのが地盤の重要さです。何しろ欠陥住宅(一戸建て)の3分の1は地盤が原因といわれるほどです。非常にチェックしにくいところかもしれませんが、一戸建てを希望する人は、まず地盤に関する基本的な知識を覚えてください。

     

  • 新築のときにはわからない「不同沈下」

      建物はすべて地盤の上に乗っています。いくら頑丈にできた建物でも、それを支える地盤がしっかりしていないとしたら元も子もありません。建物の重さを地盤が支えられなかったら、自然の原理で建物は沈んでいきます。

     よくあるのは建物が不揃いに沈んでいく不同沈下というケース。いったん不同沈下が始まると、柱や梁も垂直や水平が保てなくなり、建物がゆがんでいきます。そうなると建具もスムーズに動かなくなる、床が傾く、外壁にひびが入る。すきま風が入り雨水が浸入する。基礎もひび割れて、ついには中の鉄筋が折れてしまう。こうなるともう住める家ではありません。

     外から見ると地盤は、どれも同じように見えるところがクセモノで、しかしその中身は千差万別です。何ら問題がないしっかりした地盤もありますが、なかには木造住宅でも支えきれない軟弱地盤があるからこのような悲劇が起こるのです。しかも新築のときはまるで変化が見られなくても、一年二年と経つうちにだんだん沈みはじめるから怖いのです。

     しかし軟弱地盤に建った家がすべて危ないのかといえばそうではありません。あとで述べるように、地盤や基礎への対処のしかたで安全な家ができるのです。そのためには建てる前に、その地盤を調べておく必要があります。先の阪神淡路大震災以降、地盤を調査するところが増えてきました。分譲地や建築条件付きなど場合なら、必ず地盤調査をやってもうらようにしましょう。建売住宅なら調査をやったのかどうかを確認してください。

     

  • 周辺環境からチェックする地盤の「素性」

    地盤の善し悪しは、実は素人のあなたの目でも大まかに判断することはできます。機械もいりません、必要なのはあなたの目と判断力だけ。といっても目の前の地盤をそれこそ穴のあくほど見つめればよい、というわけではありません。

     地盤についての情報がたくさん隠されているのは、むしろ周辺の地形や風景の中なのです。ちょっと考えてみましょう。土地は水を含むと軟らかくなります。つまり軟弱地盤というのは水をたくさん含んだ地盤のことなのです。水の流れは高いところから低いところへというのが自然の法則。したがって低いところにある土地の地盤は軟らかく、大昔から流れてきた雨水や泥が堆積し、厚い軟弱な地層ができあがっています。坂道を下るほど地盤の軟らかいところに向かっていると思って間違いありません。

     ましてそばに川でもあれば、そこがいちばん低い土地だということになります。まず低地かどうか、次いで水路に要注意というわけです。最近では市街地でも、もと川だったところが埋め立てられて遊歩道になっていたりします。こんなところも見逃さないようにしてください。同様に、水田や沼も軟弱地盤の目印。しかしこれらもいまや宅地化されてわからなくなっているケースが多いでしょう。古くからそこに住んでいる人に以前の状態を聞いてみるとよいかもしれません。

     水とは関係なくても、以前はコンクリートの大きな建物があったなどという場合も要注意です。コンクリートの建物は深く基礎を掘って造りますから、壊したあとに土を埋め戻さなくてはなりません。その結果、地盤がきちんと固められていない可能性があります。

     周辺の家の様子にも目を向けましょう。ブロック塀が倒れていたり、外壁や基礎にひび割れがないかどうか。これらが不同沈下によるもので、軟弱地盤のシグナルを発しているのでは、と一度疑ってかかる必要があります。

     現地に着いたら、素人探偵よろしくウロウロと歩き回って、周辺を探索あるいは「聞き込み」をしてみることをお勧めします。


[PR]
by inokou1 | 2014-04-21 20:00 | 家づくりの大事な事前準備10ヵ条



お客様と接して感じたこと、現場で職人さんと接して感じたこと、町を歩いて感じたことを建築人の目から見たままを語ります。
by inokou1
マイサイト
㈱猪谷工務店
天然無垢の木に拘った人に優しい健康住宅を建てています。「住む人が心豊かに暮らせる家づくり」をモットーにスタッフ一同努力を惜しみません。いい家を建てたいとお望みの方は是非、HPをご覧ください。
カテゴリ
全体
現場進捗状況
Y邸新築工事奈良市
箕面市K邸
大阪市旭区F邸
吹田市M邸
大阪市N邸
大阪市北区F邸
大阪市H邸
奈良市K邸
雑感
「うちはここまでやってます」
家づくりの大事な事前準備10ヵ条
本物探訪
Y邸新築工事
ほっと一息
S邸新築工事
K邸新築工事
東大阪 T邸増改築工事
木の家づくり雑学講座
ご挨拶
大阪 町屋 紹介
古民家再生
旭区K鄭改装工事
旭区Y鄭新築工事
室生の山からこんにちは!
旭区 I 邸新築工事
Y
Y
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
最新のトラックバック
芋たこなんきん/尾高杏奈..
from うわさの☆75
nchvf
from nchvf
ジンチョウゲ
from 植物辞典
ミサワホーム【ビギコート】
from 住宅メーカー情報BANK【住..
江田島海軍兵学校の五省
from 心に留まった言葉たち
人形・ミニドール
from Blink Link 役立つ..
検索
タグ
(8)
(8)
(5)
(4)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
最新の記事
ブロック塀解体撤去工事です。
at 2018-07-14 11:07
at 2018-03-21 22:09
茶室路地大辞典
at 2018-03-11 14:12
タクアンの樽出し味は最高です。
at 2018-02-09 23:36
現場の隣家の庭に、季節を感じ..
at 2018-01-21 14:17
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) Inotani Corporation. All Rights Reserved
匠の技で本物の家を―猪谷工務店